リンかけ 新機種うってみた

リンかけ初打ちの感想②斬新なゲーム性で自力感あって面白いけど無理ゲー【リングにかけろワールドチャンピオンカーニバル編】

萌えスロリーマンあっくんです(@SlotAkkun

にほんブログ村 スロットブログへ


にほんブログ村

前回のお話はこちら。

リンかけ初打ちの感想①タイアップ失敗!?【リングにかけろワールドチャンピオンカーニバル編】

6号機リンかけの初打ちのお話です。

長くなったので前後半にわかれました。

今回が続きのゲーム性についてと稼働のお話です。

 

ではいってみましょう(^o^)/

斬新なゲーム性

愛があるのかって話は前回散々したので

もういいでしょう。

なので中身のゲーム性の話にいきましょう。

 

6号機のリンかけの内部システムは

すごく斬新な抽せんになってると思います。

 

いちお周期抽せんというくくりでいいのかな?

他にないシステムなので説明が難しいです。

 

50ゲームの周期で

毎ゲーム加算抽せんをしているポイントをためていき、

(画面右下のポイントです)

100ポイントためれたら

残りのゲーム数は誓いの旗ステージに移行し、

竜児の勝利確率アップ抽せんをして、

ゲーム数がなくなり周期に到達すると

闘士チャンスになり、

戦う仲間が増えたり

竜児の勝率が上がったり

剣崎出現でAT直撃したりします。

 

で、100ポイントに到達できなくて

周期ゲーム数がなくなったら

十二神とのバトルに発展するんです。

 

ここが変わっているんですよ。

100ポイント到達できなかったらバトルなんです。

 

だからできるだけ長く周期抽せんをうけて、

竜児を育てて、仲間も増やすことが重要なんです。

じゃないと相手5人を倒すことができないですからね。

 

普通はチャンスゾーンなり、

周期抽せんは早く到達させたいところですけど、

この機種は逆なんですよね。

 

ここがすごく独自性が強く

面白いシステムだなって思いました。

 

最初はそれがわからなくて、

どうやったらバトルになるんだろうって思ってうってました。

到達した時にバトル移行抽せんでもしてるのかな?って。

そしたらそうじゃなかったんですよね。

 

おかげで1周目は意味がわからないでバトルに突入しちゃいました。

通常時の状態とギリシアバトル

周期中は突入時点で低確・通常・高確・超高確にわかれていて、

上の状態ほど、

ポイント獲得抽せんが優遇されています。

 

レア小役を除くとリプレイが重要なので、

リプレイさえうまくひければ、

割と100ポイントいける印象でしたね。

 

低確だとレア小役や、

ポイント獲得特化ゾーンの

闘士燃焼ゾーンをひかないと厳しいと思います。

 

十二神とのバトルは6号機ではよくある

バトル系です。

こちらは竜児+仲間最大3人

香取石松(33%or80%)

支那虎一城(50%以上)

河井武士(66%以上)

竜児はそこまでにあげた勝率です。

これで十二神の5人と戦い、

勝てばAT(チャンピオンロード)突入です。

 

ATは初期枚数が

赤7揃いと青7揃いと2つあって、

青の方が初期枚数が優遇でのスタートになるようです。

 

AT中はチャンスバトルのバトルカーニバルを目指し、

バトルに突入したら押し順やベルをうまくひいて

勝ちを目指し、

勝てば次セットに突入確定という感じです。

 

勝った回数がそのまま次セットの初期枚数のベースになるので

1セットで勝てば勝つほど、

次セットの初期枚数が増えるという仕組みですね。

ースポンサードリンクー

チャンピオンロード(AT)

バトルはひけますが

このバトルがまあ勝てない

 

簡単そうに見えて超むずいです。

だからもあってこのATが

なかなか続かないみたいなんですよ。

(2回しかひけてないのでイメージです)

 

あと早く当たると弱ATで、

遅く当たると強ATって台が

6号機ではよくあると思うんですけど、

この機種は変わらないんじゃないですかね?

だから早くても続くことあるでしょうし、

天井くらっても即終わることもあると思います。

(ここもうった感じからの予想です)

 

ちなみに天井は1000ゲームで、

ATの純増枚数は3.1枚ですから、

天井いったらマックスで

1500枚くらいしかでないと思います。

 

天井はATが確定なので

ここは他のバトルタイプとは違うところですね。

 

まあ、天井行っても恩恵が強いわけではなさそうなので、

200枚くらいで終わることも多々あると思います。

 

それとここも他の機種と違うところなんですけど、

高設定ほどATの期待枚数が多いみたいです。

 

いろんなところで、

新しいことやってるなって台だと思いました。

 

1回目で勝利

270ゲームくらいであいてたので着席。

バトルタイプだってことだけをきいていたので

他の機種から考えて、

この辺でもうてるでしょうと考えうちだしました。

 

内部システムを理解した今考えると、

確実に早すぎると思いますw

 

何も調べないでうちだしたから

ポイントとかももちろんわからないですし、

毎周ポイントや勝率が上がるのに

なぜ竜児の勝率がいまだに50%なのか

意味がわからなかったです。

(あとで考えたらバトル負けやめだったからなんですけどw)

 

1周目は周期到達時に菊姉ちゃんが出たこともあり、

竜児の勝率が大きく上がって76%まで到達

 

周期は4周くらいしたんだと思うんですけど

仲間が2人参戦。

バトル開始で石松と支那虎が参戦。

バトル中はチャンスアップで赤セリフが出たり

勝ち確定になるっぽい必殺技が出たりします。

(赤セリフの期待度はけっこう高そうです)

 

基本は北斗みたいにこの画像からレバーオンで決まります。

(チャンスアップが先にでますからこの時点で勝つか決まってると思いますけどw)

てかなんでこうゆう天昇みたいなバトルにしちゃったんですかね。

聖闘士星矢みたいに敵にも攻撃させて

必殺技出させてあげればよかったのに。

味方もですけど必殺技がなければリンかけじゃないですよ

(またいろいろ言いたくなってきたから自重しますw)

 

結果は石松で1体倒し、

支那虎は負けて、

1対4になったんですよね(^◇^;)

 

でも76%の竜児が仕事してくれて、

4連勝して見事勝利しました( ´ ▽ ` )

 

正直この1周では簡単だと思いましたね(笑)

だって勝率もけっこう上げれたし

普通に倒せましたからね。

バトルタイプにしては少なすぎる結果?

ATが確定して7が勝手に揃います。

赤7が揃って100枚スタート。

 

AT中はレア小役か

逆押し左リールプッシュ絵柄停止で

バトル抽せんをしてるみたいです。

(高モードならそれ以外でもしてるかも)

で、相手が出てきてバトル発展。

相手との状況でバトル内容が変わります。

普通に無理ですよw

押し順1の部分のカードのキャラが攻撃して、

ベルなら回避か攻撃、

3枚役ならくらうかはずすかみたいな感じです。

ベルが11枚役だったかの多めの枚数での

純増3.1枚ですから

まあ揃わない(^◇^;)

 

うまくいけば気持ちいいんですけど、

はずしまくるとかなりイライラする

ゲーム性だと思います。

自力感がすごく強いですね。

 

見事勝つことができれば

味方キャラが必殺技うってVです。

このビクトリーラッシュが

そのセットの初期枚数を決める上乗せゲームです。

持ってる枚数でループ抽せんするので、

何度も勝って多い枚数になっていれば

その枚数でのループ抽せんになります。

 

たとえば3回勝っていたら

150枚スタートで

ループすればもう150枚追加・・・

という感じ(だと思う)。

何度も勝ったらその分セットをストックというタイプではないです。

 

一回多く勝利して、

初期枚数が多くなれば、

バトルチャンスも増え、

また多い初期枚数を狙え

一気にエンディングが見えると思います。

 

2セット目は150枚スタート。

 

紫のオーラなんかも出て

(画面左下が闘って文字なのでバトル確定じゃないですかね?)

バトルはひけましたけど

勝つことはできずこれで終了。

バトルタイプにしては少なすぎる結果に感じます。

 

でも自力感が強く、

うまくいけばATも簡単にひけ、

バトルも勝てればエンディングも目指せるんじゃないかと思い、

無謀にももう1周を試みます。

(これが地獄への始まりでしたw)

無理ゲー

通常時にもこのプッシュボタン役はひけて、

(これは誓いの旗ステージ中かな)

止まるとポイントがたくさんもらえるようです。

これ内部的にはリプレイで

狙わなくても大丈夫っぽいですね。

逆押ししろって出ますけど狙うのは左リールだけです。

 

熱そうお姉ちゃんカットイン。

熱くなかったですけどw

(なんかあんまりかわいくないような・・・)

 

チャンス目で闘士燃焼ゾーン当選。

この特化ゾーンは

平均160ポイントとか意味わからんポイント数がもらえます。

 

それだけもらえるから100ポイントを超えた分は

次回に持ち越しとか、

何かしら恩恵をもらえると思うじゃないですか。

 

何にもないっぽいんです(^◇^;)

 

これはがっかりというより

マジで意味がわからない

 

この大量にもらえすぎるポイントの意図が

全然わからないと思いましたね。

(本当はあるのかもですけど感じられなかったです)

 

僕は160ポイントゲットして

200ポイント超えたんですよ。

だから2周分もらえると期待したんですけど

次超えられなかった時に普通にバトルでした(^◇^;)

 

菊姉ちゃんが出てくることもなく、

普通の闘士チャンスだったような気がします。

(あんまり覚えてないです)

 

竜児の勝率68%で3人参戦させてバトルに発展。

二人しか倒せず(´;ω;`)

 

ここでようやく気付きました。

 

 

 

この台無理なやつやwww

 

 

結局こうなりました。

エンタライオン=プレミア=確定=天井です(笑)

 

1000ゲーム到達すると途中でもいきなりバトルになります。

キャラは少ない方がいいですね。

多いと無駄に戦わないといけないですから。

 

竜児がマックスのバトルに発展して、

ちゃんとバトルやってからAT発動でした。

AT確定なせいか初戦から歌が流れてました。

 

 

 

ちーーーん( ˙-˙ )

1回目と同じ枚数ってどうゆうこと(笑)

 

天井ATは赤スタートでしたし、

さきほどのATと何も変わらない感じでした。

 

1セット目に2勝して

2セット目が200枚スタートだったかで

これは続くかと思いきや、

バトル6、7回くらいやって全敗です。

 

これは辛い台ですわ。

 

何より通常時に勝率上げられないと無理ゲーです。

(98ポイントでバトルいったときは辛かったです)

 

そして短調で飽きます。

 

楽しいのはバトルカーニバル中だけですね。

 

という感じで前回の評価に戻りますが、

10点中4〜5って評価になりました。

 

ゲーム性は斬新で独自性があって面白いと思いますけど、

リンかけへの愛が足りないのと、

通常時もAT中もつまらないんですよね。

(初打ちで面白いと思えないのは致命的かと)

 

内部システムが面白いだけに

見せ方がもったいない台だなって思いました。

 

本当6号機って規定が消えない限り

光が見えないと思います。

 

5号機がなくなる来年の11月末が怖いですね。

 

ということで、本日はここまで。

次回をお楽しみに(^o^)/

 

PS.

この台のアニメーション・・・というか

絵についてですけど、

全体的に顔が長い気がするんですよね。

だからこれじゃない感が・・・。

 

オリジナルから顔が長めの支那虎はまんまなんですけどね。

カットインのところでちょっと書きましたが

初代のリンかけの菊姉ちゃんはもっと可愛かった気がするんですよね。

 

ダメだ・・・また始まるから自重しますw

 

もう一回言っておきますけど

この感想はあくまで僕の感想ですからね。

共感してくれる人も多いかと思いますが、

逆意見も当然あると思います。

 

↓いいねと思ったらランキングボタンを押してね↓

にほんブログ村 スロットブログへ

にほんブログ村

今週の人気記事

-リンかけ, 新機種うってみた
-, , ,

© 2020 萌えスロリーマンあっくんの萌えスロを熱く語るブログ Powered by AFFINGER5