勝つための考え方 勝つための立ち回り

サラリーマンがスロットで勝つための方法~休日編~ 【考え方と立ち回り方】

萌えスロリーマンあっくんです。

 

『サラリーマンがスロットで勝つための考え方と立ち回り方』のお話です。

 

前回は平日編をお話したので今回は休日編です。

平日編はこちら

↓ ↓ ↓

サラリーマンがスロットで勝つための方法~平日編~

 

休日と言っても家庭持ちの場合、用事や体力等によっては

一日フルにうてないこともあると思います。

 

一日うてる場合とそうでない場合と両方紹介しますので

参考にしてもらえればいいかなと思います。

 

 

このシリーズのお話はスロットで勝つためのお話なので、

萌えスロやアニスロを含め、好きな台をうちたい人。

趣味うちや遊びうちをしたい人にはむかないお話です。

(せっかくの休みなんだから好きな台を自由にうちたいってのは正論ですよ)

 

 

むかないと言っても勝ちたくないって人はいないと思うので、

勝てるようになりたいとか、

好きな台を全ツッパするための資金が必要だとか、

勝たなきゃならない理由ができたとか・・・

 

そういった場合に立ち回りを切り替えて実践してもらえればいいかなと思います。

 

 

それでは本編に入っていきますね。

 

 

まず平日編でお話した通り、

スロットで勝つには

『高設定狙い』と『期待値稼働』

この2つしか方法がありません。

 

ですので、休日でもこのどちらかの立ち回りをすることになります。

 

どちらをやるのかは

地域やイベント事の有無、曜日や天候も関係するので

その日の状況を考えた上で決めればいいと思います。

 

 

参考がてら僕の休日の立ち回りを紹介しますね。

 

 

僕はいつも高設定狙いが優先で次に期待値稼働を考えます。

(どちらにせよ期待値稼働をする店の閉店チェックは可能な限りやってます)

 

まず高設定がほぼ確実に入るような強めなイベント事

(最近だと取材を絡めたイベント)

がある店を行ける範囲で探します。

 

そもそも高設定狙いは高設定が入ることが確実でないと成立しません。

だから高設定狙いをする場合、

”高設定を必ず入れる店”ということが絶対条件ですね。

 

 

行ける範囲に行けそうな店があればそこに行きますが、

なさそうならよく使うホールを中心に期待値稼働をします。

 

 

高設定狙いをする場合は、

その店の過去の傾向をできるだけ調べます。

取材系イベントが絡んでいれば以前のイベントの状況も調べられます。

(取材結果の信頼度が低い場合もあります)

 

行ったことがある店や、よく行く店なら心配ないかもですが、

それでもできるだけ過去の状況は把握しておくべきです。

 

サラリーマン(兼業)の場合毎日稼働できるわけではないので、

普段よく行く店であっても

過去のイベントを見ていない日もあるはずです。

 

過去の状況を調べることに得はあっても損はありませんよ。

(研究を怠ると高設定をツモれる率も下がると思ってください)

 

 

あまり行ったことがない店や初めて行く店の場合

傾向が掴めて狙い機種がしぼれればいいのですが、

全くしぼれない場合はやはり期待値稼働に変更します。

 

的をしぼれない高設定狙いは

当たる確率が低いです。

 

どんなに入れてる店でも

高設定の方が低設定より少ないですからね。

 

何をうって良いのかわからない場合は

素直に期待値稼働に切り替えた方がいいです。

 

 

 

僕が朝から行くときに、注意しているのが入場方法です。

僕は抽選のお店しか基本行きません。

 

理由は

高設定を入れる傾向がわかりやすい店で並び順だと

ほぼ徹夜クラスで早く並ぶ人がいるからです。

 

わかりやすい機種はそういった方たちに取られてしまうんですよ。

 

 

専業なら徹夜も良いですが、

兼業の場合そこまでメリットがあるとは思えません。

 

体壊すか仕事に支障が起きるので

やめた方が良いです。

 

僕は徹夜は割に合わないと思ってます。

(というかベッドでちゃんと寝たいですw)

 

ということで高設定狙い時は抽選の店にしか行きません。

 

 

抽選人数も重要ですね。

 

信頼度が強い店や強い取材だと

とんでもない数の人たちが並ぶ場合もあります。

 

1000人を超える人が集まる店も実際にあるんですよ。

 

 

こういった店は考えどころですね。

行ってもい良いし行かなくても良いと思います。

(僕は抽選が多すぎる店にはほとんど行ってません)

 

だいたいものすごい人が来る店は狙い台がしぼりやすいので

抽選で良い番号さえ引ければかなり高い確率で高設定をツモれます。

 

抽選で良い番号をひくのが非常に難しいところではありますが

抽選が良ければリターンも大きいと思います。

要するに抽選をうけるだけの価値はあるということです。

 

もしダメなら期待値稼働に切り替えれば良いですからね。

 

 

この切り替える考え方が大事で、抽選が悪く、狙い台が取れない場合は

さっさと切り替えて次にいった方がいいです。

 

その店の傾向をつかむために

中に入って様子を見るのは良いです。

次回からの立ち回りに役立ちますからね。

(僕はよく知らない店なら周りの朝一高確やガックン等をみつつ

全体の様子、状況を観察します)

 

 

とりあえず中に入って理由もなく好きな台や空いてる台に座って

周りを見ずに負け戦をすることだけはダメですよ

 

 

 

最初に高設定狙いをする場合も

できるだけ期待値稼働をする店の閉店チェックをすると言ったのも

上記の通り、抽選次第で切り替えることがあるためです。

 

 

最近のデータ機は前日の終了ゲーム数がわかる物もありますし、

履歴で計算すれば終了ゲーム数を割り出せるデータ機もあります。

 

店内すべてのデータを見れるデータ機もあります。

 

そういったデータ機があれば、チェックしなくてもわかりますが、

いちいち調べたり計算したりしないといけないので、

やはり出遅れたり、気づかなかったりすることがあります。

 

面倒ではありますが、閉店チェックをする余裕があるのなら

ぜひやるべきだと思います。

必ず期待値底上げにつながりますからね。

 

目立ちすぎなければやって損はないです。

(目立つと損する場合もあります)

 

 

僕の休日はだいたいこんな感じです。

 

高設定狙いを失敗してもその店で期待値稼働をする時もありますし、

すぐに他の店に行く場合もあります。

 

その辺は臨機応変に対応しますね。

 

 

僕は土日祝日休みです。

人が多くなる土日にフル稼働ができるのは大きくて、

期待値稼働もけっこうな結果が出ています。

 

曜日別収支で見ても

日曜日がダントツで収支が高いんですよ。

 

土日、特に日曜日はお客の人数は増え、

逆に打ち手レベルが平均して下がる傾向にあるので

こういった結果になりやすいわけです。

 

 

もちろん平日休みでも結果が出ないことはないです。

 

平日休みだとイベントごとがあっても土日と比べると数割お客さんの減るので

高設定狙いをしやすいです。

 

 

ちなみに最初から期待値稼働をする場合は

閉店チェックの結果しだいでちょっと変えますが

割と昼からのほうが多いです。

 

朝から期待値が高い状態なことってめったにないです。

 

ちょっと誰かが回してくれるとちょうどよくなるので

昼くらいに行きます。

 

家の掃除や洗濯を済ませ、お昼ご飯を食べてから行く感じですね。

 

 

とりきれず閉店して確実に設定変更されるかつ

設定変更されると最初から期待値が高くなる台があったら

朝一から行くのもありですね。

(バイオハザードリベレーションズとかですね)

 

 

僕の立ち回りを紹介しただけで休日編がほぼ完結しちゃいましたね(^^;

 

 

あとは時間が限られている人の話くらいですか。

 

 

時間が限られている場合、

もし高設定をツモれたら、

閉店まで時間がまだあるのに捨てるのはもったいないですよね。

 

それを考えると時間が限られている人は期待値稼働の方が良いと思います。

 

台を譲れる知り合いとかがいるのなら良いですが、

いない場合、席を開けた瞬間に専業さんたちの餌食になります。

 

 

専業さんに借りを作るためでない限り、あまり良い事とは思えませんよね。

 

勝つことを目的とした場合はツモったらうちきる。

 

時間がないなら高設定狙いはしない。

 

これが良いですね。

 

 

 

あともう一つ。

高設定狙いをする時、

元イベや、取材だからどんな機種でも高設定の可能性はあるかもと

理由をつけて好きな台を選ぶのはやめましょう。

 

例えば

バラエティコーナーに1台しかない機種とか、

過去の傾向でほとんど高設定を入れた形跡がない機種とか、

ほぼ入りませんよ。

 

 

お店の方針や設定師の癖って基本的にあります。

 

入らない台はいつも入らないです。

 

まどマギに高設定をよく入れる店は高確率で入れるんです。

まどマギに高設定を入れない店はほぼ毎回入れないんです。

 

人間ってなれると毎日の行動が同じようになっていきます。

設定師も同じで慣れてくると同じような設定の入れ方をする場合が多いです。

 

同じような設定の入れ方をすれば売上の予測もたちやすいですよね。

 

ということは、

イベントだからって変わったことをする人ってあまりいないんですよ。

 

設定師が変わったりしない限りは大幅な変更はほとんどないです。

出玉を見せたい台や、人気な台でない限り、

好きな台や新台を狙うのはやめましょうね。

 

過去の傾向を調べてみれば何かしら法則が見えてくると思いますよ。

 

お店側の考え方を想像してみれば、

精度が上がっていくと思います。

 

 

いつも高設定に座れない人は、

自分の選ぶ傾向とお店の傾向を照らし合わせてみてください。

 

きっと相違点があるはずですから。

 

 

 

あ、言い忘れてましたが

高設定狙いする時、失敗したなと思ったら早めにやめてくださいね。

ちょっとでも取り返してからやめようとか思うと

取り返せないレベルで負ける可能性があります。

 

常勝するコツは

大きく負けないことです。

 

小さい負けは取り返せるので大丈夫です。

 

気を付けてくださいね。

 

 

 

PS.

高設定狙いで設定4だと思われる台はどうするかという話。

 

専業者は4なら捨てるという人もいると思います。

でも兼業者は僕はありだと思います。

 

機械割が低すぎる設定4ならなしですよ。

少なくとも設定4の機械割が106~107%くらいは欲しいですね。

 

 

これには理由があって、

専業さんは月トータルでも大きく勝たないといけないので

狙うは6、悪くても5にしぼらなければなりません。

(機械割110%は欲しいところ)

 

しかし兼業は月10万、頑張って20万くらい稼げれば

かなり良い方なはずです。

 

となると、一日3万~4万円くらい勝てれば

まあよかったかなと思えるレベルですよね。

 

機械割107%をコイン単価抜きに単純な計算で考えると

下記になります。

(1日8000回転回したと仮定して計算しています)

8000×3×7%=1680

等価で約33000円のプラスになります。

 

仕事をしている人にとっては十分な勝ちですよね。

 

ただ3万円ってうまく立ち回ると期待値稼働でも出せる数字なんです。

 

時給3000円レベルの期待値を追うと

10時間~11時間で同じくらいになります。

 

このレベルで拾うとなるとかなりシビアに立ち回り、

かつフットワークが軽くないと達成するのは難しいです。

 

でも20000円くらいならそこまで難しくないです。

 

となるとやはり106~107%までは高設定狙いでOK.

それを下回る設定4とかなら

期待値稼働の方がいつでもやめれますし効率がいいと思います。

(105%だと8000回転で+24000円になります)

 

設定4っぽくて迷ったときは参考にしてみてください。

 

 

期待値稼働で期待値積んでも

高設定狙いで高設定をツモっても

負ける時は負けますし、

大きくぶれることは多々ありますから

それは肝に銘じておいてください。

 

 

 

萌えスロリーマンあっくんってどんな人?

あっくんのスロット人生の軌跡はこちら(プロフィール)

⇒ あっくんってどんな人

⇒ プロフ②好きな○○

 

 

ブロランキングに参加しております。

ぽちっと画像を押してくれると喜びます。

両方押してくれるとさらに喜びます。


パチスロランキング

ご協力に感謝しますm(__)m

 

 

今週の人気記事

-勝つための考え方, 勝つための立ち回り

Copyright© 萌えスロリーマンあっくんの萌えスロを熱く語るブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.